東洋易学は中国の方が優位とは限らない?

東洋易学は中国の方が優位とは限らない?

中国や台湾の占術の方が日本の占術よりも優位なのだろうか?

中国経由で易学が入ってきたのは間違いないが、直接日本にも入ってきている

日本の気学は中国から伝わったとされていますが、疑念が残ります。

中国の夏がインド国境付近から移動し、それが中国占星術の始まりらしいですが、インドからは直接、日本にも来ているようです。

アーリア人流入、カースト制への対抗として先住民ドラビィダ語族の間に部派仏教が生まれますが、それに彼らのタントラが結び付いたのが密教です。

ドラビィダ語族タミル人は現在は南インドですが、北方にいたようです。北方にいた彼らは南部へ移動するとともに、海外へも移住地を求め一部は日本北部九州にも辿り着いたようです。

大阪の海民族(うるおぼえだが住吉系)の祀る神は、密教の仏とそっくりだそうです。

役小角(役行者)が修験道・気学の開祖とされていますが、突然確立されるはずもなく、これは嘘でしょう。

タイトルとURLをコピーしました